憧れだったシーリングファン突然ですが、、、

今年の初めの「我が家の年間目標:第一位」は、煤けた我が家をなんとかすること!でした。

何度もブログに書いていますが、我が家のなんちゃって薪ストーブは、歴史のあるヨーロッパ製のストーブとはちょっと違います。

 
もともと金庫を作っている会社が、ご自分の事務所が寒いのでと、手の開いた時間に作ったのが最初の作品だと聞いています。
つまり、当たり前ですが、いろんな意味でデータがない。
ストーブ設置、煙突設置についてのアドバイスも、購入後のフォローもない、、、。
当たり前です、金庫屋さんなんですもの~、笑。

また、その薪ストーブを購入した時の我が家が、あまりにもお金がない(笑)時期でしたので、煙突もシングル煙突をWEBで注文、ストーブ自体の設置方法や、煙突の出し方、縦と横引きの黄金比なども、全てWEBから得た知識でした。

初めて薪ストーブの煙突を取り付けるという大工さんも、とっても困ったことだったでしょう。
けれど、とにかく無理やり頼んで、その知識どおり設置してもらったのでした。
 
■写真は、今回取り付けてもらった、憧れのシーリングファン!

こんなになっちゃって、、、涙ところが、高い吹き抜けのある我が家は、室内の煙突の長さが、外の煙突の長さよりもずっと長く、またWEBに書いてあった縦と横引の黄金比も、どうやらまやかしの数字だったようで、、、
(ちなみに、その縦横黄金比率の記事は、すでにそのメーカーのページから削除されています、恕)

あれをやったりこれをやったりしても、なかなか燃えない薪ストーブのために、数年後には頻繁に薪ストーブから逆流してくる煤で、家中真っ黒に煤けてしまいました。
 
ご来訪頂くお客様には、黒い靴下必須!とお知らせするくらい、、、笑。

■写真は、吹き抜け部分の天井の壁紙。
煤を吸って、下地の接着剤の跡がはっきり見えるほど真っ黒クロスケです
我が家のシンボルの「ドデカイ時計」の跡も、しっかり残っていますね、とほほほ。

でもね、昔のストーブのある暮らしって、そんなだったじゃないですか~。
だから私、それでイイと思っていたんです、実は。
とにかく寒い我が家を冬中ポカポカにしてくれる薪ストーブを諦めるのは絶対いやで、オフシーズンには毎年大掃除を決行したりして、ストーブとの共存を(笑)はかってきたのでした。

家の中に足場を組んでただ、それも今年のシーズンまで。
私の神経が家の中の汚さに耐え切れなくなりました。
いえ、その、私、そんなにキレイ好きって訳でもないのですが、毎日毎日この煤けた状態を眺めて過ごしていると、ウツにもなるってもんです、笑。

そこでまず手始めに、KENさん提案の、壁紙の上から塗るペンキを購入。
 
これが結構よかったのですよ~。
一階のリビングの壁紙、ダイニングの壁紙、一番汚かった階段室の壁紙が、みごとに真っ白に生まれ変わりました。
そうなると、もっときれいにしたいと欲が出ます。
さて、ペンキを塗れない吹き抜け部分の天井はどうするか。。。

堀内大工さんと、そこで相談に乗ってくれたのが、以前壁に穴を開けて煙突を設置してくれた「堀内建築」の堀内大工さんです。

我が家の経済状態もちゃーんと分かってくれているので、家中を全て一気にはリフォームできないことを考慮してくれたうえで、今回は吹き抜け部分を全て板張りに、また天井を補強してシーリングファンも付けてくれました!

次回の第二期工事(笑)には、二階天井部分の残りと、階段室をお願いすることになります。
堀内さんっ、引き続きよろしくお願い致します!

そして、あの煤けていた吹き抜け部分は、こんな風に素敵に生まれ変わりました!

こんなに素敵になりました!
■ちょいとペンション風です、笑■

いずれ壁に沿ってスポットライトを並べてつけるつもりだとお話して、仮付けでいいですよ~とお願いした、天井からぶら下がっていたライトも、仮付けなんてもんじゃなく素敵に設置してくれました~。
もう、全部感激です!
堀内さんっ!ありがとうございましたぁ! 
 

 
そしてそして、ついでに(ついでって話ではないけれど、笑)、ダッチウエストジャパン正規販売代理店の、薪ストーブアドバイザー山下さんにお願いして、壁出ししていた煙突を屋根出しに、さらにシングル煙突をダブルに変更することに!
ダッチウエスト製のストーブじゃないのに、、、すんまっせん、山下さんっ。。。

でも、この話はまた後日ということになります。
だって、まだ見積段階ですもの。
見積で工事費が大変な金額になるようなら、今年の冬は薪ストーブなしで過ごすしかない、涙。
なぜって、煙突を屋根出しにするという前提で、室内から外に出ていた煙突も外の煙突も、もうすでに外してもらったんですもの~、ストーブに火は入れられません。
神様仏さま、どうぞ私に「当たる宝くじ券」を送ってくださいまし~っ、笑。
(なんでもお金の用意ができてから始めればいいのに、、、と陰の声。
う、うるさいっ!)

 
さてさて、この後のお話はまたいつか。
皆様どうぞお楽しみに~っ!(って、人の家の話にそんなに興味はないか、、、笑)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント